2017.10.14 石塔加工

工場では石塔を加工しています

来月納品の夫婦墓です

今は、仕上げの段階の磨きをしています

石塔の頭の部分を磨いていますが

この形を“香箱”(こうばこ)といいます

磨く所を、チョークで赤く塗り、赤い色が見えなくなるよう丁寧に磨きます

平面ではなく、曲面を磨くので、簡単なようで実は、結構技術が必要です

神道では石塔の頭の部分が

四角錐になる“トキン”加工で仕上げます

各宗教により、墓石の形も少しずつ違ってきますが

最近は、形にあまり拘らなくなり

自由な形の墓石も多くご注文いただいております

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.